価格相場を紹介!不動産売買

土地や建物を売買するにあたっては、いくつもの条件を設定した上で該当する物件を選ぶことが必要になりますが、そのなかでも特に重要なのが価格についてです。当たり前の話ですが、予算をオーバーしてはそもそも購入することができませんので、予算の範囲内でもっとも条件に近いものがベストな選択肢となります。 こうした情報は得ることがなかなか難しいとはいえ、すでに公表されているデータのなかから相場を読み解くことはいくらでも可能です。実際に物件を購入するために不動産会社に出向く前に、ひととおり類似の物件の相場について調査をして、だいたいのイメージを掴んでおくと、お買い得な物件なのか、それとも割高な物件なのかがあらかじめ理解でき、納得のいく契約ができるようになります。

行政が公表している情報も役に立つ

不動産売買にあたって適正な価格の目安を得るための情報としては、行政が公表しているさまざまなデータがまず挙げられます。たとえば土地に関していえば、国土交通省や各都道府県において、毎年定点観測をしている特定の場所にある土地の地価の水準が、地価公示や地価調査として具体的な金額をもって示されています。ほかにも本来は相続税を計算するために使われる路線価図なども、土地のおおむねの価値を知る上では役立ちます。 その他国土交通省が運営している土地総合情報システムのサイトでは、インターネットを通じて全国の土地やマンションなどの取引事例のデータを閲覧することができ、特に建物については築年数や所在地、面積や間取りなども表示されているため、類似物件を容易に取り出すことができて便利です。

民間のデータを活用する手段がある

行政以外の民間で提供している土地や建物の売買の具体的な価格のデータとして、もっとも有名なのがレインズと呼ばれているものです。これは宅地建物取引業法にもとづいて全国各地の事例を収集したもので、不動産会社も地域ごとのレインズの会員となっているため、データを検索することも容易です。 ほかにも身近なところでは、土地または住宅やマンション取引の専門サイトや専門誌などを閲覧する方法があります。この場合は誰でもアクセスすることができる情報で、しかも情報の鮮度が高く、現在売り出し中の物件について確認できるところがメリットです。特にインターネット上のサイトの場合には、地域や面積、間取りなどの要素から検索をかけて、条件にぴったりと合った物件のみを表示させることができる特徴があります。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加